/

傾いたタンクからの汚染水 規制委、漏洩「レベル0」評価

東京電力福島第1原発の「B南」と呼ばれるタンク群内で傾いたタンク1基から汚染水約430リットルが漏れた事故で、原子力規制委員会は9日、国際的な事故評価尺度(INES)で8段階の一番下に当たる「レベル0」と暫定評価した。漏洩は2日に判明した。

「H4」タンク群の1基から汚染水約300トンが漏れた事故に比べ、放射性物質の漏洩量が数万分の1と推定されることが理由。また漏れた汚染水は排水溝などを通じて原発港湾外に流出したとみられるが、海への影響は確認されていないことも理由として挙げた。

既に福島第1原発事故がINESで最悪の「レベル7」と評価されていることから、収束作業の過程で発生する事故を逐次評価することに規制委内部で異論もあったが、国際社会に対する情報提供として、環境への影響に重点を置いた評価を続けることとした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン