/

この記事は会員限定です

試合前後の練習 時間を決めて集中

北田瑠衣(14)

[有料会員限定]

トーナメントの朝の練習場ではサンドウエッジに始まって、8番アイアン~11番ウッド~ドライバー、あるいは9、7番アイアン~11、7番ウッド~ドライバーの順で打つ。チェックポイントは「タイミング」と「力感」。試合に入るとどうしても力が入るが、なるべく練習と同じような力感でスイングしたい。

ラウンド後はだらだら練習しないようにしている。その日悪かったクラブを重点的に、最近はパットを含めて1時間ほどだろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン