/

この記事は会員限定です

法人減税は企業優遇か 成長の果実、家計にも

[有料会員限定]

安倍晋三首相が2014年4月の消費増税とセットで、法人減税を含む経済対策の実施を表明する。家計の負担増と企業の負担減という組み合わせは評判が悪いが、ステレオタイプの企業優遇批判で問題の本質を見誤らないようにしたい。

法人課税の実効税率は38%強。復興増税を打ち切って35%台まで引き下げても、主要国の中ではまだ高い。法人関連税収の国民所得に対する比率は4.4%で、日本よりも実効税率が高い米国の3.3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン