トップ > 特集 > 福島原発 > 記事

福島第1 急造タンク、対応後手
高濃度汚染水300トン漏れ 規制委、事故評価上げ検討

2013/8/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所にある地上のタンクから新たに300トンもの汚染水漏れが明らかになった。対象のタンクは設置を急ぐため溶接を省いた急ごしらえの構造を持つ。東電は後手の対応や情報開示の遅れを繰り返し、問題を深刻化させてきた。汚染水の大量流出に国際社会の懸念も強まりつつある。

原子力規制委員会は今回の汚染水漏れに関して国際的な事故評価の尺度でレベル1としていた暫定評価を上げる検討に入った。レ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]