/

クールジャパンは自由と多様性で

日本の大衆文化や生活文化を世界にもっと広めよう――。クールジャパンと呼ばれる漫画やファッション、食などについて政府が輸出支援に力を入れ始めた。秋には官民出資でファンドも設立する。

日本の現代文化に関心を持つ人が世界に増えるのはうれしい。国のブランド力が増し、観光客や留学生も増える。

大きな循環をつくる

ただし好感度を上げるには、少しでも押しつけがましさを感じさせてはいけない。目先の輸出増より、長い目で見たファンづくりという視点を忘れるべきではない。

漫画やアニメなど日本の娯楽が好きになる。その結果、食や服、住居など、豊かで便利で楽しげな生活環境に関心がわく。モノを買い、その良さを知れば、訪れ、学び、働きたくなる。熱心な人は現在の娯楽の背景にある伝統文化や風土にも関心を広げる。やがて日本への理解者が増えていく。

こうした大きな循環を無理なくつくることが大切だ。広く海外の人々が面白い、楽しいと思ってくれるモノを大事にしたい。特定の国内企業や業界、産地への輸出支援策では、効果は限られる。

経済産業省はクールジャパン政策の一環で、百貨店やコンビニエンスストアなどの海外事業やイベント開催を援助している。地方では自社製品の輸出を望む中小企業の公募も始まった。国の好感度という最終目標につながる援助かどうか。いずれ検証がほしい。

大きな流れをつくるためには、省庁の垣根も弊害になる。観光、食、繊維などの製造業、商業、外交、狭義の文化、知的財産、地域振興。役所や組織がばらばらなままでは「日本」のブランド化には効率が悪いのではないか。

例えば、アニメや漫画の舞台となった街をファンが訪れる「コンテンツ観光」が年々盛んになっている。省庁や自治体が横断して情報提供や案内に便宜を図れば、日本に来たい人が増えるだろう。

ただし垣根を取り払うことと、政府がすべてを主導することとは違う。生活者向け商品は、何が受け入れられるか予測できないのが特徴だ。韓国が「クールコリア」政策で売り込んだのは若者向けダンス音楽やアニメだったが、日本で口火を切ったのは日本のテレビ局が選んだ中高年女性向けドラマだった。主導権は受け手にある。

多様な外国人を引きつける魅力的なモノを生むには、自由な発信を許す風土がなければならない。日本は政治、宗教、階級などのタブーが少ない。だからこそ自由闊達な文化が花開き、世界から注目された。この空気が薄れれば文化発信力は衰える。

先日、東京・お台場で年2回の漫画同人誌の即売会が開かれた。ファンの集いとして始まり、国内外から50万人が集まる。プロの作り手のふ化器の役割も果たす。

東京・原宿で高校の制服を模した衣料品を売る店も、やはり国内外から来店が絶えない。ゲームもいまや日本を代表する産業の一つだ。街のゲームセンターは高齢者の利用も増えている。

ファンを応援しよう

新しい文化は、しばしば優等生とは対極にある人々から生まれ、街を舞台に進化する。中学校でダンスが必修となる一方で、ダンス好きが集まる「クラブ」と呼ばれる店に対し風俗営業法による取り締まりが厳しさを増している。どこか、ちぐはぐではないか。

食文化も同じだ。政府は「正しい日本食」を広めようという構えだが、人々の自由な創意工夫を邪魔すれば、日本は窮屈な国だという印象が強まる。各地で日本食が姿を変え、親しみやすくなり、日本ファンが増える方が大事だ。

そうした中から、本場の日本食を食べたい、学びたいという人が育つ。国として門戸を広げ、ビザや学校など、来やすい制度や場を整えておきたい。フランスワインを見習い、分かりやすい産地や等級の表示を整えることも、入門者や熱心なファンの拡大に役立つ。

各国に長く住み、複数の文化に精通した日本人の意見も、分野を問わずうまく生かしたい。

マーケティングでは、消費者の心の中に「これがほしい」という気持ちを起こさせることが鍵になる。力で「日本」を押しつけず、ファンの気持ちを大事にし、ネットなどでの情報発信を応援する。そうした企業の手法を、政府ももっと取り入れてみてはどうか。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン