/

この記事は会員限定です

大学教育の改革支援、復活の動き

文科省GP事業に再開要望

[有料会員限定]

大学の優れた教育改革を支援する文部科学省のGP(優れた取り組み、Good Practice)事業は、民主党政権下の事業仕分けで廃止されたが、大学の評価は高く、教育改革を支援する制度の再開を求める動きが活発になってきた。

「GPはばらまきではない」「GPで私学が独自性を発揮した」「本来業務だからお金を出さないという発想はおかしい。本来業務だからこそ出すべきだ」――。7月末に文科省で開かれた「国公私立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン