/

この記事は会員限定です

社外取締役の導入、収益向上へ外部の目

成長戦略 進化のヒント(中)

[有料会員限定]

「ガバナンスの欠如が業績低迷につながっている。社外取締役を導入すべきだ」。6月末、東証2部上場の設備工事会社、サンテックの株主総会で一般株主がこんな議案を突きつけた。現社長の26年あまりに及ぶ長期政権を批判。否決されたが、経営陣は「候補者の選定には十分な検討が必要」と弁明に追われた。

日本取締役協会によると7月時点で東証1部上場企業の59.9%に社外取締役がいる。5年前から15ポイント近く上がった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン