/

この記事は会員限定です

成長率、政府見通し甘く 来年度実質1.0%、名目3.1%

消費増税前提、民間は0.6%

[有料会員限定]

政府は2日、2014年度の経済成長率を物価変動を除いた実質で1.0%、生活実感に近い名目で3.1%とする見通しを公表した。試算は来年4月に消費税率を予定通り5%から8%に引き上げることが前提。民間見通しの0.6%前後と比べて強気で、市場関係者からは「楽観的すぎる」との指摘も出ている。

13年度の実質成長率は、1月時点の2.5%から0.3ポイント高い2.8%に引き上げた。安倍政権の経済政策「アベノミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン