/

この記事は会員限定です

顧客情報・戦略流出 企業絡みの炎上、2年で3倍

[有料会員限定]

企業が絡むネット上のトラブルは、新たな経営リスクとなっている。従業員の個人的な書き込みが、情報を整理する「まとめサイト」などを通じて拡散。利用者から批判が集まって炎上し、勤め先の会社にまで飛び火することがあるからだ。

2011年以降、従業員の発信がきっかけで、企業が謝罪や再発防止策の提示などに追い込まれる事件が相次いだ。社員が店舗を訪れた顧客の情報を中傷とともに書き込んだり、正式発表前の事業戦略を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン