炎上防げ 社員のSNSに企業がガイドライン
業務外利用にソフトな網

(1/2ページ)
2013/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

従業員個人による「ツイッター」などの交流サイト(SNS)利用について、ガイドラインを設ける企業が増えている。思わぬ書き込みで企業がトラブルに巻き込まれるのを防ぐためだ。個人の表現の自由に配慮する必要もあり、軟らかさやわかりやすさを工夫するなど、浸透に向けた試行錯誤が続いている。

「社員の個人的な活動を禁止、制約することはありません」。日本ヒューレット・パッカード(HP)が昨年秋にまとめたSNSの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]