/

この記事は会員限定です

知的財産保護へ改革を TPP交渉の焦点(下)

相澤英孝 一橋大学教授

[有料会員限定]
<ポイント>
○21世紀の日本の繁栄に知的財産権は不可欠
○TPPは日本企業の利益を国際市場で守る
○10年前の知的財産改革は理想を実現できず

資源が少なく、平均賃金の高い日本がこれからも繁栄していくためには、積極的に貿易や海外への投資を行っていかなければならない。米国を含む太平洋地域の自由な貿易や投資の基本的ルールとなる環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する以外の選択肢は、日本にはない。

2010年3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン