労組、強まる危機感 組織内候補「民主隠し」も
2013参院選 最前線(3)

2013/7/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「非常に厳しい選挙だが、何としても勝たなければいけない」。5日夕、三重県伊賀市内の集会場。民主党現職の比例代表候補、相原久美子(66)は自治労組合員の市役所職員ら約80人に深々と頭を下げた。

12分間のあいさつの半分を割いたのは自民党政権になってからの地方交付税の減額措置だった。減額分には地方公務員の給与7.8%削減分も含んでおり、自民党政権では公務員へのしわ寄せが強まると訴えた。

初挑戦で同党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]