/

この記事は会員限定です

パッティング 打ち方より想像力重視

小林正則(14)

[有料会員限定]

パターのグリップはずっと逆オーバーラッピング。一番繊細なタッチを出せるからだ。ロフト角4度のピン型を愛用している。若干ハンドファーストにして、ジャストタッチよりも少し強く球の芯のやや上を打ち抜くように心がけている。芝目のきついアジアのツアーではこうした打ち方が合うからだ。

テークバックは距離に応じて変えるが、意識を置くのはインパクトまで。フォローは自然であればいい、ぐらい。手の大きさ、腕の長さは人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン