/

東大、4学期制導入へ 秋入学は当面見送り

15年度末までに

秋入学への全面移行を目指していた東京大学の検討会議は19日、秋入学導入を当面見送り、2015年度末までに4学期制を導入する最終案をまとめた。現行の2学期制を改め、授業の始まりを4回にすることで留学の機会を増やすのが狙い。

秋入学については社会環境の整備状況などを踏まえ、16年度以降の導入を目指す。7月末に開く役員会で正式決定する。

検討会議がまとめた最終案は4学期制について(1)第1学期を4、5月として6~8月を夏休みとし、残りを第2~4学期とする(2)現行の2学期をそれぞれ2つに分割する――の2案を提示。原則として学期ごとに授業が終わり単位が取得できる仕組みとし、留学がしやすい環境を整える。(2)案では、第2学期(6~7月)に必修科目を設けず、6月から夏休みを取得可能とし、海外の大学が開くサマープログラムに参加できるようにする。

東大は7月末の役員会での正式決定を経て、学部ごとにいずれかの案に沿った「部局別改革プラン」を策定する方針。来年度以降、準備が整った学部から順次4学期制に移行する。秋入学を巡っては11年4月、浜田純一学長が5年後をメドに秋入学に全面移行する構想を提唱。昨年4月に学内に検討会議を設置し、議論を進めていた。

浜田学長は18日付の学内向けの文書で、4学期制の導入について「秋季入学構想の実現に向けた重要なステップになると受け止めている」との認識を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン