/

春秋

アラフィフと呼ばれたりする世代の方なら、懐かしく思い出すのではないか。1984年に公開された米国の映画「フットルース」。保守的な大人が多くダンスが禁じられている田舎街に引っ越してきた少年が、踊りの素晴らしさを訴え因習を打ち破る。そんな物語だ。

▼ダンスを禁止するなんて映画の中だけのことと思うかもしれない。でも実は今、日本で3番目に大きな街、大阪で起きている――。こんな風に伝えたのは、英国紙「ガーディアン」だ。警察が風俗営業法をふりかざしてクラブに対する取り締まりを強めていることが、ガーディアン紙の記者には現実離れしてみえるらしい。

▼いうまでもないけれど、クラブ業界が受けている打撃は現実のものだ。それどころか、ダンス教室が風営法による規制の対象とされたり、高齢者向けの社交ダンス講座が中止されたりしている。いまや中学校では体育の授業の一環としてダンスが必修という時代。制定から65年たった風営法の古くささに、改めてあきれる。

▼クラブが騒音やゴミの散乱といった迷惑を周りに及ぼしているなら、取り締まるのは当たり前だろう。だが風営法がダンスにかかわるビジネスを規制している趣旨はそんなところにはない。無粋の押しつけ、といいたくなる趣旨だ。さすがに改正を求める機運が高まっている。フットルースのような粋な展開を期待したい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン