/

春秋

「禁止することを禁止する」。5月革命とも呼ばれた1968年のパリの学生運動で有名になったスローガンである。機知に富み、語呂がよく、なにより権威へのNONを端的に表している。壁への落書きから広まったというが、こんな気の利いた警句はめったにない。

▼トルコ各地でエルドアン首相への反発が収まらず、首相はついにイスタンブールの公園に座り込んでいた数千人のデモ隊を警官隊を使って追い出した。一方で、数十万の応援団を前にした首相は「政府を倒したければデモでなく選挙で倒せ」と演説した。「禁止!」という力ずくがこの局面で果たしてよかったのかどうか。

▼日本にも縁が深いドイツ人建築家ブルーノ・タウトの墓が、生涯を終えた地のイスタンブールにある。大理石の墓石に足形が刻まれたのは「ロシア、日本、トルコと世界を股にかけて仕事をしたから」ともいう(田中辰明著「ブルーノ・タウト」)。タウトはイスラム教徒ばかりの墓地に眠る唯一のキリスト教徒だそうだ。

▼アジアでもヨーロッパでもあるトルコに人は集まり、イスラム以外の宗教に寛容なことの恩恵にも浴してきた。5月革命の警句はやがて、「禁止することを禁止することを禁止する」、さらにはそれをまた禁止する……、ともじられていく。そんな止めどない対立の連鎖を断つには、力よりまずNONの声を聴く耳である。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン