よだかの片想い 島本理生著 恋愛の闇を飛び越える力

2013/6/17付
保存
共有
印刷
その他

主人公は23歳の理系大学院生、前田アイコ。目立たない容姿だが、左目の下に青く大きなあざがある。本人はそこまで気にしていないのだが、あざに対する反応によってどうしても他人を許せなくなることがあり、怒りで自分が消耗してしまうため、思春期以降はなるべく決まった人とだけ交流、地味な生活を心がけている。しかしある日、あざと生きる彼女の半生が本に取り上げられて話題となり、ついには映画化まで決まってしまう。気…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]