/

白雪姫には死んでもらう ネレ・ノイハウス著

村社会の不気味さ際立つ

この著者の初紹介作品『深い疵(きず)』は、いかにもドイツ・ミステリーらしい過去の因縁ものだった。今回は、英国田園ものの味わいプラス警察群像ドラマのつくりだ。タイトルからもわかるように、グリム童話の現代編といったモチーフが隠されている。

2件の少女殺人の罪で10年服役していた青年が出所する。「犯人」の帰郷を待っていたかのように、1人の死体が発見される。「犯人」への憎悪のみならず、冤罪(えんざい)の疑いもが再燃し、田舎町は興奮のるつぼとなる。そこに、被害者の少女と瓜(うり)二つの少女が登場し、事件の第2幕を予感させる。――といった導入だ。

錯綜(さくそう)する人間関係、常軌を逸した人物たち、あちこちとふくらむサイド・ストーリー。大作ではあるが、事件の中心軸は、わりと単純でわかりやすい。力のこもった展開で、悠々と寄り道を繰り返しながらも、読者を飽きさせるところのないタッチは見事。

それにしても、軍隊の基地跡とか、温室の地下室とか、死体の隠し場所がいくらでもある村社会の不気味さは出色だ。白雪姫の寓話(ぐうわ)が滅びないのも、むべなるかな。酒寄進一訳。

★★★★

(評論家 野崎六助)

[日本経済新聞夕刊2013年6月12日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

白雪姫には死んでもらう (創元推理文庫)

著者:ネレ・ノイハウス
出版:東京創元社
価格:1,365円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン