/

春秋

ある会社での実話だ。春、外からかかってきた電話を新入社員が受けた。先方が口にするAという名に覚えがない。困って全員に呼びかけた。「Aさんという方、居ますか」。女性社員のBさんがすかさず答えた。「それ、私の昔のダンナの名字だから。覚えといて」

▼結婚で名が変わり、離婚で戻り、再婚でまた変わり。昔の名刺や知人の紹介で来る連絡がつながらなかったり、過去の業績が検索にかからなかったり。こうした不利益を現実に被っているのは、大抵が女性だ。最近は名前をメールアドレスにする会社も多い。ふつうなら便利な仕組みだが、改姓すれば食い違いが起こる。

▼弊害を避けるため旧姓使用も広がるが、実際は面倒が残る。パスポートとホテル予約の名が違うことでのトラブル。社員名簿や税金の手続きで、総務部などに「お手数をおかけします」と謝る手間。こうしたストレスもまた、あえて繰り返すが、ほぼ女性の社員だけが抱えることになる。現状が理想だと思う人はいまい。

▼先ごろ夫婦に同姓を強いる民法に合憲の判決が出た。憲法判断はさておき、女性がいきいき活躍する社会を現政権は目指すと聞く。同窓会に年賀状と、名前が女性の未婚・既婚などを示す慣習はいつまで続くのか。誰もが名字を名乗り始めてほんの100年余り。夫婦の同姓・別姓ももう少し柔軟に考えてはどうだろう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン