広がるメコン経済圏 物流インフラ整備着々
ニコンや矢崎総業、国境越え供給網

2013/5/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インドシナ半島を縦断するメコン川流域の経済圏が膨張し始めた。物流インフラの整備に伴い、「CLM」と呼ばれるカンボジア、ラオス、ミャンマーの後発3カ国と、経済発展で先行したタイ、ベトナムの一体化が加速。新たな部品供給網(サプライチェーン)づくりが始動した。世界4位のインドネシアに並ぶ人口2億4千万人を抱える大メコン経済圏。その潜在成長力を取り込む動きが激しさを増しそうだ。

ラオス中部のサバナケット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]