/

この記事は会員限定です

米住宅回復に潜む危うさ

[有料会員限定]

28日のダウ工業株30種平均は続伸し、最高値を1週間ぶりに更新した。株高のきっかけは、取引開始前に発表された3月のS&Pケース・シラー住宅価格指数。主要20都市の値動きを示す指数が前年同月比で10.9%上昇、約7年ぶりの大幅な伸びとなった。

□   □

「いまカリフォルニア州の住宅は奪い合いだ」。米住宅投資会社ランドスミスのジェームス・ブライテンスタイン最高経営責任者(CEO)は話す。中古の値崩れ物...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン