三洋買収、電池低迷が誤算 パナソニック、今期黒字化目指す

2013/5/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

パナソニックは子会社の三洋電機の大幅縮小を決めたことで、三洋買収後に取り組んできた組織の一体化にメドを付ける。だが買収の目的だったリチウムイオン電池などのエネルギー関連事業は低迷。2013年3月期まで2年連続で7千億円を超える最終赤字を計上する一因となり、パナソニックの業績に影を落としている。

「将来の成長エンジンとして、三洋との提携を考えた」。08年12月の三洋買収の発表会見で、パナソニックの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]