日本の製造業、揺らぐ競争力 利益率と世界シェア低く
日本、一歩前へ(1) データ編

2013/5/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

技術力で定評のある日本の製造業だが、攻勢を強めるアジア勢を前に競争力は揺らいでいる。

日米欧アジアの製造業の国際競争力を利益率と世界シェアを基に算出している日本機械輸出組合によると、北米に次ぐ2位を保ってきた日本は2007年に欧州に抜かれて3位に転落。08年にはアジアにも抜かれた。円高修正が進む前の調査だが、10~11年は2年連続で最下位に沈んだ。

海外勢と比べて、メーカーの乱立に加えて利益率が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

「アジア跳ぶ」バックナンバーから

関連キーワード

電子版トップ



[PR]