/

この記事は会員限定です

著作権延長、TPPで浮上 「古典」格安販売に暗雲?

電子書籍や映画DVD

[有料会員限定]

日本が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加することになり、著作権保護期間を70年程度に延長するかどうか注目を集めている。ディズニーアニメなど息の長い映画作品を抱える米国が、延長を求めているからだ。知的財産保護につながる一方、図書館の蔵書デジタル化や一部ビジネスの制限につながる側面があるとの声も出ている。

吉川英治、柳田国男、室生犀星――。昨年末に著作権保護期間が切れ、今年から自由に使えるように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン