春秋

2013/5/2付
保存
共有
印刷
その他

あたまを雲の上に出し――。近代児童文学の父と呼ばれる巌谷小波が作詞した文部省唱歌「ふじの山」は、今も広く親しまれている。富士山を世界遺産に登録へ、と聞いて、つい口ずさんだ方もいよう。ご存じの通り、1番も2番も終わりは「富士は日本一の山」だ。

▼戦後に育った世代には、すんなりと胸に落ちる表現だろう。ただ、この歌が発表された1911年当時は、そうでもなかったはずだ。そのころ日本の一部となっていた台湾の玉山という山は、富士山よりずっと高いからだ。実際、明治天皇が玉山につけた日本名「新高山(にいたかやま)」は「日本の新たな最高峰」といった意味だそうだ。

▼それでも「富士は日本一の山」とうたう文部省唱歌ができたのは、台湾は本当の意味で日本ではない、という意識が表れたともみられている(上垣外憲一「富士山」)。そんな日本人の差別意識は1930年の霧社事件につながったとされる。先住民族の集落の一つが蜂起して、およそ140人の日本人を殺害した事件だ。

▼霧社事件を題材にした台湾映画「セデック・バレ」が最近、日本で公開された。上映時間が長いうえ凄惨な場面が多く、見るにはいささか覚悟がいる。見終わったときには、ずしりと重いものが胸に残る。富士山が世界遺産になるのは喜ばしいけれど、日本一の山という言葉の裏にひそむ歴史の影にも目を向けていきたい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]