言語都市 チャイナ・ミエヴィル著 辺境の星の言語をめぐるSF

2013/4/23付
保存
共有
印刷
その他

1972年生まれのチャイナ・ミエヴィルは、英国SFを代表する俊英。現役のSF作家としては、たぶん世界でも五本の指に入るだろう。ファンタジーやホラーの分野でも高く評価され、警察ミステリと幻想小説を融合させた型破りな長編『都市と都市』(2009年)では、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞などに輝いた。そのミエヴィルが2011年に発表した『言語都市』は、著者の全長編の中で、いちばんSF度の高い作品。

時は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]