/

謎の独立国家ソマリランド 高野秀行著

安定した「空白地帯」の実態

イスラム教国で、海賊がいる。アフリカ大陸の東端、ソマリアと呼ばれる地について、大方の日本人が知っているのは多分、そのぐらい。なにしろ一部は「無政府状態」で、「国」だと主張しているが国連は認めていないという。

(本の雑誌社・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

ところがその地図上の空白は、意外に安定しているとか。本当?

そんな「国」ソマリランドを、実際に見にいくことにしたノンフィクション作家による一冊。いわば紛争地域についての、かなり分厚い本なのに、印象は明るく、文章は軽快。ところどころ、はしゃいでいる感さえある。むむむ。

ソマリ社会の根幹という氏族とその分家、分分家、分分分家……を説明するため、それらをイサック奥州藤原氏、ダロッド平氏、ハウィエ源氏、等と呼ぶ。わかりやすい工夫だが、こうしたあだ名を地図や年表にも用い、バーレ元大統領を「バーレ清盛」と呼ぶのには賛否両論ありそう。植民地支配の影響はもっと詳しく知りたい。

などとこまかいところにひっかかりながら読むうちに、大きな問題のほうが気になり出す。

国家として認められている南部に、日本も含め国際社会は莫大な経済的・人的支援をつづけてきたが、内戦は止(や)まない。ところが空白地帯のはずの北部では、武装解除にほぼ成功、通貨価値も安定。人々に話を聞き、理由を探る。氏族の掟(おきて)に従い、トラブルは賠償金で清算、政治は民主主義。国際社会が無視し、資源も産業もないから、汚職も紛争もないという。

しかし、とさらなる探求を決意した著者はソマリ難民キャンプから「海賊国家」プントランドへ、そして(これも著者独特の比喩だが)「リアル北斗の拳」南部ソマリアへと、ますます危険な地域に入っていく。迂闊(うかつ)にも、といった調子で、運と人脈とカート(アラビアチャノキ)の刺激を頼りに。

あ然とする話がいくつもある。海賊を撮影したい、というと、即見積もり。海賊の日当、バズーカのレンタル、専門の通訳、有力者への上納金。現実的なビジネスの実態がわかる。海賊って「個人営業」の日雇い労働だったのか。

国家、法、そして国際社会とは。大きな問いが自然にわいてくる。

(比較文学者 中村和恵)

[日本経済新聞朝刊2013年4月7日付]

謎の独立国家ソマリランド

著者:高野 秀行
出版:本の雑誌社
価格:2,310円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン