/

この記事は会員限定です

東大卒、広がる起業志向 官僚や弁護士志望に陰り

力量発揮の場、自ら切り開く

[有料会員限定]

東京大学の卒業生の進路選択が変わりつつある。多くの人材を輩出してきた官僚や弁護士などの専門職に対する志望に陰りがみえる一方、起業家として活躍するケースが目立つ。これまで起業は官僚や法曹に比べ、リスクが大きいと考えられてきた。東大卒の進路選択の変化は、国内の若者の仕事観が転換期にあることの象徴かもしれない。

キーワード検索でウェブサイトを上位に表示しやすくするコンサルティングを手がけるヴォラーレ(東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1771文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン