新潟大地域連携フードサイエンスセンター おいしい「災害食」発信
知の明日を築く

2013/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 東日本大震災以降、災害時に命をつなぐ非常食への関心が高まっている。新潟大学地域連携フードサイエンスセンター(新潟市)は、非常食の研究に力を入れる国内唯一の研究機関だ。

 国内屈指の穀倉地帯である新潟県には1000社を超える食品企業がある。「食」についてもっと情報発信しようと、農学部や歯学部など5つの学部の研究者が連携して2003年に発足した。新潟大を中心に67人の研究員で構成する。特定の研究施設は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:32
6:25
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
14:57
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報