ヒトとの境界 溶ける 見るだけ・考えるだけ
日常の動きでコンピューター操作

2013/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)の普及で急速に進化するモバイルインターネット。開発が加速する次世代のスマホは「携帯する」から「身につける」に変わり、操作方法も視線や脳波など生体信号が主流になる可能性がある。機械と機械が通信するM2M(マシン・ツー・マシン)の世界も広がり、ヒトとコンピューターの境界線が溶けていく。(敬称略)

腰掛けるとテレビや照明がつき、寝そべると室内が暗くなるソファ。手を置くと新聞やネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]