スタンフォード大「Bio-X」 領域超え、生命を解明
知の明日を築く

2013/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米カリフォルニア州シリコンバレーの中心に広大なキャンパスをもつスタンフォード大学。医学系と工学系の校舎が立ち並ぶ一角に、学内横断研究プログラム「Bio-X(バイオエックス)」の本拠「クラークセンター」がある。

Bio-Xは専門分野や学部などの垣根を越えて研究を進める場だ。生物工学、生体臨床医学、生物科学の領域で専門を超えた研究を進めるために1998年に始めた学内の有志の研究者グループが原点だ。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]