温暖化ガス削減 キャンパスを実験の場に
東大、電気製品を遠隔制御 東工大、棟内の電力を自給自足

(1/2ページ)
2013/3/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学が温暖化対策に役立つ最先端の環境技術を自らのキャンパスに導入している。省エネ、温暖化ガス削減に対する社会的な要請が強まったのを受け、問題解決に向けた大学の研究に企業も関心を高めている。大学側にはキャンパスを実験場に先端技術を取り入れ、産学連携に弾みをつけたいとの期待もあるようだ。

■50社と省エネ

安田講堂(東京・文京)に面した東京大学工学部2号館。研究室内のパソコンの画面に表示された電源のマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]