日韓企業のギブ&テーク 恩讐超え世界で勝つ芽

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2013/3/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

シャープへの3%出資を決めた韓国・サムスン電子。その目的は大型パネルの安定調達に加え、日本での企業イメージの引き上げにある。鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長の強引にみえるやり方は日本の世論を敵に回しているとサムスンはみた。

日本からは製造装置や素材を大量に購入し、大学や中小企業に眠る技術にも期待をかける。ギャラクシーも拡販したい。いま救いの手をさしのべれば「ホワイトナイト」になれる。サムス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]