/

この記事は会員限定です

糖尿病治療に新薬登場 低血糖リスクを軽減

[有料会員限定]
 糖尿病は膵臓(すいぞう)で作られる血糖値を下げるインスリンが出にくくなったり、働きが低下したりする病気だ。治療は外部からインスリンを補う、インスリンの分泌を促す薬を投与するなどが中心だが、薬が効きすぎて逆に血糖が下がりすぎると意識を失い、命が危険にさらされることもある。一定の効果が持続し、夜間の低血糖を減らす効果が期待できる新たな治療薬が今月登場した。

糖尿病は免疫が自分自身を攻撃して膵島の細胞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1925文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン