/

この記事は会員限定です

知の明日を築く 広島大 両生類研究施設 遺伝・進化解明に3万匹

知の明日を築く

[有料会員限定]

広島大学には世界で唯一の両生類の研究拠点、両生類研究施設がある。1967年に創設された同施設では、国内外の野生種約50種、計3万匹を超える両生類が飼育されている。総勢約90人の研究者やスタッフが両生類の遺伝や進化、生態などの謎を解き明かそうとしている。

□ ■ □

建物に入ると、まず足元に注意しなければならない。ドアにはカエルの"脱走"防止用のバーが仕掛けられており、つまずきやすいからだ。そんな同施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン