所得増税 こうなる税制改正2013(9)
課税所得4000万円超に45%

2013/2/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

給与などにかかる基幹税の所得税は2015年分から、課税対象となる所得のうち4000万円を超える部分に45%の最高税率が新設される。40%になっている現行水準と比べ5%の引き上げだ。「格差是正」を掲げて高所得層への増税を目指した民主党政権の方針が、自民党政権でも引き継がれた。ただ対象者は少なく、財政再建への効果はあまり大きくない。

民主党政権は昨年3月に閣議決定した消費増税法に、5000万円超の課…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]