/

この記事は会員限定です

イオンvsセブン PB覇権、哲学の衝突(ルポ迫真)

[有料会員限定]

イオンとセブン&アイ・ホールディングス――。連結売上高がともに5兆円規模の小売り2強のライバル意識は強い。セブンはイオンを本社のある「幕張」、イオンはセブンを「四ツ谷」と呼び、動静を常に探り合う。その両社は2011年、水面下でほぼ同時にプロジェクトを立ち上げた。

□   □

かたくなにプライベートブランド(PB=自主企画)を作らない国内ビールメーカーとPBビールを開発すること。交渉相手に両社が選んだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン