日韓各社、超高精細テレビ「4K」 米に投入
見本市に出展 大画面市場に的、収益改善狙う

2013/1/8付
保存
共有
印刷
その他

【ラスベガス=相模真記】韓国のサムスン電子やシャープなど電機各社がフルハイビジョンの約4倍と高い解像度を持つ「4K」と呼ばれる規格の液晶テレビを米国で相次いで発売する。米国は住宅が比較的広く、高解像度の強みを発揮しやすい大画面テレビの市場が大きい。各社は4Kの普及を通じ、価格下落に苦しむテレビ事業の収益改善につなげる。

ソニーが出展する4K対応テレビ

世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」が8日に米ラスベガスで開幕するのを控え、各社は7日に現地で記者会見して事業戦略を発表した。

液晶テレビ世界最大手のサムスンは最大75型までの4Kテレビを米国に投入。昨秋に84型を約2万ドル(約176万円)で発売した韓国のLG電子も、より手ごろな55型と65型の製品を追加する。

日本勢ではシャープが「アクオス」ブランドで2013年度下期中に発売する。今夏にはより高度な画像処理技術を使った高級機種も発売する。いずれも60型以上になる見通し。「テレビの大型化戦略を進める上で高画質は不可欠」(高橋興三副社長)という。東芝も58、65、84型の3機種を順次発売。58型と65型は「1インチ1万円」を下回る価格に設定する。

すでに84型を販売するソニーも55型と65型を品ぞろえする。「4K」画質の映画などの配信サービスを始める。4Kテレビの弱点とされるコンテンツ不足を解消し、普及を図りたい考えだ。さらに、次世代ディスプレーの本命とされる有機ELパネルを使った4K対応テレビの試作品(56型)も出展する。

テレビの利便性向上につながる新技術やサービスへの取り組みも強化している。サムスンやLGは声でテレビを操作する機能を拡充。パナソニックは利用者の顔を認識して、それぞれ利用者の好みに応じたコンテンツを表示する技術などを今年米国で発売するテレビの上位機種に搭載する。

電機各社は4Kテレビを今回のCESの目玉のひとつに据えているが、通常の液晶テレビの数倍という価格の高さやコンテンツ不足をいかに解消するかが大きな課題。米家電協会(CEA)は6日の記者会見で、16年時点でも4Kテレビの米国における販売台数は全体の5%にとどまるとの見通しを示している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]