/

この記事は会員限定です

ミドリムシで食品も燃料も 出雲充さん(殻を破れ)

世界の課題を解決したい

[有料会員限定]

長さわずか0.05ミリほど。藻の一種であるミドリムシは様々な可能性を秘める。その1つがバイオ燃料への活用だ。ベンチャー企業のユーグレナは、世界で初めてミドリムシの屋外での大量培養技術を確立。2018年度の実用化をめざし、ジェット燃料の開発に取り組む。12年12月には東証マザーズにも上場。社長の出雲充さん(32)は「13年中にもテストフライトに挑戦したい」と意気込む。

出雲さんがミドリムシに着目し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン