/

この記事は会員限定です

逆風の「民主王国」 逃げる組織票痛手

乱戦(1)

[有料会員限定]

衆院選は12党に無所属の候補らが絡む乱戦となった。各選挙区の攻防の底流にある変化を探る。

無党派層は落胆

「本当に厳しい選挙になる。雨、風、そして逆風にもめげず頑張りたい」。4日朝、札幌市で第一声をあげた三井辨雄は土砂降りの雨の中で支持を訴えた。現職の厚生労働相だが、足早に通り過ぎる人も目立った。

有権者が民主党を後押しした政権交代から3年余り。大きな期待は落胆に変わり「逆風」となって吹き付ける。

1日、首相の野田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン