加森観光のリゾート計画、日中対立で凍結
北海道ルスツで510億円の宿泊施設

2012/12/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

リゾート施設を全国展開する加森観光(札幌市、加森公人社長)は、北海道で約510億円をかけて大規模な宿泊施設をつくる計画の凍結を決めた。沖縄県・尖閣諸島を巡る日中対立を背景とした中国人観光客の激減により、中国企業の資金を受け入れる交渉が破談となった。日中関係の悪化を理由にこれほど大規模なリゾート開発計画が停止したのは初めてになる。

凍結したのは、加森観光が主力施設「ルスツリゾート」(北海道留寿都村…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]