/

この記事は会員限定です

インフルエンザ脳症に注意 乳幼児、けいれん続けば受診を

[有料会員限定]
 インフルエンザの季節がやってきた。通常は発症しても1週間程度で回復するが、子供はまれに脳症を起こし、死に至ったり後遺症が出たりするケースがある。けいれんなどを起こした場合は、脳症の恐れがあるので、なるべく早く医療機関を受診することが大切だ。

インフルエンザ脳症の典型はこんなケースだ。岡山県内に住む1歳半の男児Aちゃんは兄弟を通じてインフルエンザウイルスに感染した。熱が40度近くまで上がったため、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン