/

この記事は会員限定です

統治構造転換の成否カギ 権力移行期の中国(中)

加茂具樹 慶応義塾大学准教授

庶民の生活改善急務 習政権、体制維持へ正念場

[有料会員限定]
<ポイント>
○中国共産党は環境変化に応じて柔軟に変身
○統治安定は上流層との利益同盟により実現
○多元主義を拒むなら新たな同盟形成が必要

この30年で中国社会の中国共産党に対する要求は大きく変わった。1980年代には経済発展の先導役を期待し、中国共産党はそれに応えた。現在、中国社会は民生の安定の実現を期待している。加えて中国社会はソーシャルメディア時代に突入し、中国共産党が要求に的確に応えられなかったと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン