統治構造転換の成否カギ 権力移行期の中国(中) 加茂具樹 慶応義塾大学准教授
庶民の生活改善急務 習政権、体制維持へ正念場

(1/3ページ)
2012/11/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
<ポイント>
○中国共産党は環境変化に応じて柔軟に変身
○統治安定は上流層との利益同盟により実現
○多元主義を拒むなら新たな同盟形成が必要

この30年で中国社会の中国共産党に対する要求は大きく変わった。1980年代には経済発展の先導役を期待し、中国共産党はそれに応えた。現在、中国社会は民生の安定の実現を期待している。加えて中国社会はソーシャルメディア時代に突入し、中国共産党が要求に的確に応えられなかった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]