/

「日中対立、今までと別次元」丹羽中国大使が講演

「修復に最悪40年以上」

一時帰国中の丹羽宇一郎駐中国大使が20日、母校の名古屋大で講演し、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中間の対立に触れ「(過去と比べ)今回は全く次元が違う。(日中国交の)40年間の努力が水泡に帰すかもしれない。最悪の場合(修復に)40年以上の歳月がかかる」と危機感を示した。

丹羽大使は、尖閣諸島について領有権の争いはないとの政府見解を強調しながらも「北京には大変緊張した雰囲気がある。問題の深刻さを日本の政府、国民が感じていない」と指摘。中国の最高指導部が11月に交代しても、日中関係がすぐに好転することは難しいとした。

尖閣諸島の国有化後、日本国旗を付けた公用車で北京市内を移動すると、不敵な笑みで見られると紹介。「日本は泥棒と、中国の若い人に刷り込まれており、大変憂うべきことだ」と述べ「(両国関係が)悪化すれば文化、芸術など(の交流)に支障が出る」と語った。

その上で、日本は今後関係改善に向け、地道な努力が必要とした。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン