2019年2月17日(日)

第3次改造内閣発足、解散巡り攻防再び
迫る自公、首相「時期言わず」 重要課題、処理遅れも

2012/10/2付
保存
共有
印刷
その他

野田第3次改造内閣が1日夕、皇居での認証式を経て正式発足した。野田佳彦首相は大幅改造と民主党役員人事を通じて挙党態勢による政権浮揚をめざす。自民党も新執行部が始動、同日に公明党と年内の衆院解散を迫る方針を確認した。首相は解散時期の確約に慎重姿勢を崩さず、臨時国会の召集がずれ込んで重要課題の処理が遅れる懸念が出ている。

政権浮揚へ大幅な内閣改造に踏み切った(1日、首相官邸)

政権浮揚へ大幅な内閣改造に踏み切った(1日、首相官邸)

野田政権での内閣改造は1月と6月に続いて3度目。過去の2回は参院で問責決議を受けた閣僚の交代に重点がある「受け身の人事」の色彩が濃かった。今回は9月の党代表選での再選を受けた本格的な改造で、首相は離党者が相次ぐ現状の立て直しを急いでいる。

首相は1日の記者会見で、喫緊の課題として赤字国債発行法案などの処理をあげた。ただ参院で与党が過半数を割り込む「逆転国会」の下で、法案の成立には自公両党の協力が欠かせない。

自公両党は同日の党首会談で年内解散を求める方針で一致した。自民党の安倍晋三総裁は民自公3党の党首会談について記者団に「まずは『近いうちに解散』の約束を確認したい」と強調した。早期解散にこだわらない姿勢を示していた石破茂幹事長も「年内解散」に言及するなど対決姿勢を強めている。

安倍氏が総裁選に勝利した9月26日、新体制での党首会談の開催を呼びかけたのは首相の方だ。その首相は1日の記者会見で、民主党の残りの役員人事の決定が週末になることに触れ、3党党首会談が来週以降になるとの見通しを示した。

自公には「首相が解散確約を迫られるのを警戒して会談先送りに動いた」との見方が出ている。首相周辺には合意のメドが立たないまま党首会談に臨み、自公との亀裂が決定的になる事態を懸念する空気が強い。

民主党は衆院選での苦戦を予想し、解散先送り論が大勢だ。首相は1日の記者会見では「党首会談で解散時期に言及することはない」と改めてけん制した。

3党の党首会談が遅れれば、10月下旬に予定してきた臨時国会の召集時期にも影響を及ぼす。首相は党首会談で自公の出方を見極めながら召集時期を判断する意向で、協力のメドが立たなければ召集をさらに遅らす可能性もある。民主党内には「自公の強硬姿勢を理由に秋の臨時国会は開かなくていい」との声すら漏れている。

与野党の対立が激化すれば、今年度予算の執行に必要な赤字国債法案、衆院の「1票の格差」是正、景気対策を盛った補正予算案など重要課題の処理に影響が出る。

公明党の山口那津男代表は1日、記者団に「早急に臨時国会を開いて赤字国債法案を成立させる責任がある」と述べ、民主党の国会先送り論を厳しく批判した。

3党党首会談、臨時国会召集、その先の民自公連携の行方――。解散含みの政局をにらんだ野田政権と、自公執行部のつばぜり合いが激しくなっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報