トップ > 特集 > 空港・コラム > 記事

消えた象徴「747」 日航再建(4)

2012/9/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「やっぱり間違いじゃなかった」。3500億円を出資し、日本航空の再建を主導した企業再生支援機構。支援を決断した委員長の瀬戸英雄(64)は、日航が再上場を果たした9月中旬、周囲に安堵の声を漏らした。

瀬戸は再建の決め手を「法的整理に踏み込んだこと」と振り返る。官民出資で設立した機構に日航再建を最初に打診したのは当時の国土交通相、前原誠司(50)。支援の可否を決める第三者委員会の委員長に就いた瀬戸は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]