/

この記事は会員限定です

円高・ユーロ安、中小企業に明暗 長引く欧州債務危機

[有料会員限定]

欧州債務危機やそれに伴う円高・ユーロ安の長期化で、欧州向け取引の割合が高い中堅・中小企業の間で明暗がはっきりし始めた。欧州の需要減で工作機械メーカーなどには国内工場の稼働率や価格競争力が低下する影響が出てきた。一方、靴メーカーなど欧州から原材料を調達する企業は、円高メリットを生かしてより上等な素材を使って製品の質を高めるなど事業の追い風にしている。

工作機械や楽器輸出、価格競争で苦戦

ギリシャの財政赤字問題に端を発した債務危機はアイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン