/

フォークナー、ミシシッピ エドゥアール・グリッサン著

歴史の断片から創作する作家

一応、フォークナー文学をめぐる「評論」と呼ぶこともできる。

(中村隆之訳、インスクリプト・3800円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

だが、本書は「評論」と呼ぶにしては息の長すぎる叙述法によって、あたかも著者自身がフォークナーの文学の特徴として挙げる「渦」や「めまい」を作りだすかのように、結論を宙づりにする。

フォークナーはアメリカ深南部ミシシッピ州の小さな町を舞台に、白人の家系の没落や崩壊を描き出した。南部白人にそうした破滅をもたらす「病毒」は、プランテーション経営の前提となっていた「奴隷制」であり、そこから派生する人種問題だった。フォークナーの作品において、人種差別はイデオロギーではなく、一人ひとりの心の内奥の問題として描かれた。白人純血種への偏執によって、皮肉にも「混血」の裏切りを受ける『アブサロム、アブサロム!』のトマス・サトペンのように。

本書のタイトルの一部「ミシシッピ」は、州名であると同時に、呪われた「宿命」を背負わされた歴史の〈場〉の象徴でもある。

だが、それらの文学作品は、果たして黒人奴隷の末裔(まつえい)たちの読解に耐えるのかどうか。グリッサンのフォークナー論はそこにかかわり、作家の実生活と創作における人種差別をめぐる分裂/葛藤を扱っていて、大変興味深い。

ただし、それだけではない。本書には、フォークナー作品の読解という表向きの顔の下に隠された、もう一つの企図があるのだ。

それは、〈クレオール文学論〉とも〈世界文学論〉とも呼びうる、自己の文学論を提示したことだ。その特徴の一つは、本書で〈痕跡〉とも〈踏み跡〉とも訳されている歴史の断片、アフリカ奴隷のような無名人たちが遺(のこ)した欠片から、小説を創作するということだ。

それは権力者の遺した史料から「ナショナルヒストリー」を書く試みとは正反対の創作行為である。

言うまでもなく、数多くの世界の作家たちがそのことに取り組んでいる。我が国でも、大江健三郎や中上健次のみならず、目取真俊(「ヤンバル」)、古川日出男(「トウホグ」)、田中慎弥(「赤間関」)など、優れた作家たちがそれぞれの「ミシシッピ」を掘り下げて、歴史の暗部をえぐり出している。

(明治大学教授 越川芳明)

[日本経済新聞朝刊2012年9月23日付]

フォークナー、ミシシッピ

著者:エドゥアール グリッサン.
出版:インスクリプト
価格:3,990円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン