/

中国ユニクロで「尖閣は中国領土」 柳井氏「現地警察の要請」

日本での不買運動を懸念

ファーストリテイリングが中国・上海で運営するユニクロ店舗で「尖閣は中国固有の領土」などと書いた紙を中国人の店長が一時張り出し、その写真がインターネット上に掲載されて騒ぎが大きくなっている。同社の柳井正会長兼社長は20日、日本経済新聞などに対し「反日デモの襲撃を避けるため、警察からの強い指示に店長がやむなく従った」などと語った。

海外出店を加速する同社は政治・外交問題に関してどのような立場も取らない方針で、会社が貼り紙を出すように指示した事実はない。だが、写真が掲載された15日以降、日本国内で「もう買わない」「裏切られた」などといった内容のメールや電話が19日までに1431件寄せられたという。柳井会長は「誤解が不買運動につながりかねない」と危機感を募らせている。

貼り紙を出したのは上海市郊外にあるショッピングモール内の店舗。反日デモが接近してきた15日午前、地元の警官が店長に指示し、正午ごろから約40分間張り出した。デモ隊が過ぎた後にはがしたという。

同社は中国で145店を運営しており、反日デモがピークに達した18日には60店を営業停止。14日以降の中国での売上高は予定より2割以上も落ち込んでいる。ただ「中国で出店する方針は全く変えない」(柳井会長)とし、今年度も80店を新たに出す計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン