日韓議連 細るパイプ 竹島 対立激化の遠因
かつては大物が懸案解決

2012/9/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

40年近い歴史を誇る日韓・韓日議員連盟が岐路に差し掛かっている。韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領による島根県の竹島(韓国名・独島)上陸や天皇訪韓を巡る発言で日韓関係がきしむ中、議連で築き上げたパイプが機能していない。従来のような潤滑油の役割はもはや取り戻せないのだろうか。(田島如生)

「李大統領が竹島に上陸するらしい。本当か」。日韓議連の幹事長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は8月10日、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]